看護部長のあいさつ

看護部長

 看護部は、地域に密着した信頼される医療の実践に向け、病院理念・看護部理念を基軸に看護サービスの質向上に日々取り組んでいます。病院を利用される皆様から“この病院でよかった”と満足していただける病院づくりを目指し、目標高く奮闘しております。また専門病院としての確かな知識・技術を提供するための努力、そして患者さん、ご家族に心のこもった看護が実践できるようケアの磨きに妥協はありません。


 よりよい医療・看護の提供は一人では成し遂げることは不可能です。看護職員一人ひとりが自信と誇りを持ち、互いに協力し、信頼し、影響しあうチームの力を期待しています。看護を語り、夢を語り、人を大切にする看護職員の育成・共育に力を注ぎ、誰もが憧れる看護部創りに一歩一歩、着実に進んでいきたいと考えております。

 

看護部長

 

 

看護副部長のあいさつ

看護副部長

 副看護部長として看護管理者育成と医療安全管理を担当し、看護部運営に取り組んでいます。医療提供体制の変化や医療の高度化に対応し、地域社会から期待される役割を果たすためには、看護管理者が一人ひとりのスタッフにとってよき理解者となり、信頼される存在になる必要があります。看護実践を行う彼らが、どんな夢を描いているのか、個々の良さを活かすためには、スタッフをよく知ることが必要です。また、看護管理者の役割には、スタッフ同士が看護実践を語ることができる関係を育てる環境を作る使命があります。


 副看護部長として大切にしていることは「看護力を高める場として選んで働いている」スタッフに感謝の気持ちを持つことであり、スタッフへの関心や思いを言葉や行動で示し続けることです。病院理念と看護部のビジョンを実現するために、一歩進んだ看護部運営に今後も邁進していきたいと考えています。

 

副看護部長
看護副部長補佐のあいさつ

看護副部長補佐

 看護管理者としての部署運営・人材育成の経験を活かし、キャリアコンサルタント、コーチングの資格を取得し副部長補佐の立場からキャリア開発に取り組んでいます。 看護職員のワークライフバランスや看護師がキャリアについて考える機会を持つこと、仕事に対してのモチベーションを維持することの重要性を実感しています。


 看護職員一人ひとりが生涯にわたり自律性を持ちイキイキと働き続けられること、また自らのキャリアをデザインし組織との調和の過程で最適に実現していくための支援を行っていきたいと考えています。キャリア開発で重要なことは、個人のニーズと組織のニーズを調和・統合し、個人の成長と組織の発展を関連づけることです。また働きやすい職場作りを目指して人間関係、信頼関係の構築を常に意識し当院が患者様にとっても看護職員にとっても居心地の良い場所となるような環境作りに努めていきたいと思います。

 

副看護部長補佐
看護部理念

心と心のふれあいを大切に社会が
満足する最前の医療を行います。

医療人として、社会、医療の進歩のため、
自己啓発に努めます。

地域住民の方々に満足していただく
ように愛・知・技をもって“心と心が
ふれあう”看護サービスを提供します。

3つのS
看護部の構成・医療と看護を支えるのが私たちの専門職です。