TOP >  各部署のご案内 >  臨床工学室

臨床工学室

医療機器の性能を維持することで、
安全な医療に貢献します

患者さんへ

医療機器のトラブルが発生しても迅速に対応できるように臨床工学技士が当直を行い、24時間体制で管理しています。 休日夜間においても2~3名が待機しているため、緊急手術にも対応できます。

また新しい知識・技術を習得するために学会等の院外活動にも力を入れており、各種認定資格を有する職員も多く在籍しています。

安全で良質な医療が提供できるように、患者さんを第一に考えチームの一員として業務を行っています。

院内スタッフ
院内スタッフ

主な業務

臨床工学技士は身体の呼吸・循環・代謝機能の一部を代行し補助する「人工心肺装置」「人工呼吸器」「血液浄化装置」「補助循環装置」などの、生命維持管理装置を医師の指示の下に操作し・保守点検を行います。

現代の医療現場は多種多様な医療機器で溢れています。 それらが患者さんへ安全に使用できるように操作し、その機能が維持できるように保守管理を行うことが私たちの務めです。

認定資格保有者

体外循環技術認定士:4名
4学会合同認定委員会(日本人工臓器学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本体外循環技術医学会)
人工心臓管理技術認定士:1名
4学会合同認定委員会(日本人工臓器学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本体外循環技術医学会)
透析技術認定士:1名
透析療法合同専門委員会(日本腎臓学会、日本泌尿器科学会、日本人工臓器学会、日本移植学会、日本透析医学会)
不整脈治療専門臨床工学技士:1名
日本臨床工学技士会
心血管インターベンション技師:1名
日本心血管インターベンション治療学会
臨床ME専門認定士:1名
臨床ME専門認定士合同認定委員会(日本生体医工学会、日本医療機器学会)
3学会合同 呼吸療法認定士:1名
3学会合同呼吸療法認定士認定委員会(日本胸部外科学会、日本呼吸器学会、日本麻酔科学会)

学会発表など

種類区分名称
2020学会発表一般演題医療マネジメント学会 第14回兵庫支部学術集会
院内動画配信システムによる業務の効率化
学会発表一般演題第34回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)近畿地方会
心臓カテーテル検査室における術前合同カンファレンス開催の取り組み
2019学会発表一般演題第28回日本心血管インターベンション治療学会学術集会(CVIT2019)
心臓カテーテル検査室でのインペラ補助循環用ポンプカテーテル症例の経験
学会発表一般演題第38回日本体外循環技術医学会近畿地方会
当院におけるstanford A 型急性大動脈解離患者の来院から体外循環開始までの時間短縮の取り組みについて
学会発表一般演題第29回日本臨床工学技士会
下肢静脈瘤血管内焼灼術における治療装置別早期成績の検討
2018学会発表一般演題第44回日本体外循環技術医学会大会
IMPELLA 挿入補助循環用ポンプカテーテル管理における臨床工学技士の役割
学会発表一般演題第44回日本体外循環技術医学会大会
IMPELLA 補助循環用ポンプカテーテルの流量特性の実験的検討
学会発表一般演題第27回日本心血管インターベンション治療学会学術集会(CVIT2018)
インペラ補助循環⽤ポンプカテーテル管理における臨床⼯学技⼠の役割
学会発表一般演題第28回日本臨床工学会
循環器専門病院における植込み型補助⼈⼯⼼臓管理の現状
学会発表一般演題第28回日本臨床工学会
BMS留置15 年後に⽣じたneoatherosclerosisを複数のイメージングモダリティーで観察した1例
学会発表一般演題近畿心血管ジョイントライブ(KCJL)2018
当院へのインペラの導⼊から管理を経験して
学会発表一般演題第30回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)近畿地方会
BMS留置15 年後に⽣じたneoatherosclerosisを複数のイメージングモダリティーで観察した1例
2017著書手術看護エキスパート2017.7、8月号第11巻第2号/日総研出版
「人工心肺装置」
特集 手術室のME機器、エネルギーデバイスの基礎知識「人工心肺装置」
2016学会発表一般演題第23回近畿臨床工学会
急性冠虚血の解除にステントグラフト内挿術が有効であったStanford A型急性大動脈解離の1例
学会発表一般演題第63回日本不整脈心電図学会学術大会
当院でのRiataシリコーン製ICDリードのフォローアップに対する取り組み
著書WCCM のコメディカルによるコメディカルのための「PCI を知る。」セミナー/学研メディカル秀潤社
「心電図を知る」①ここからはじめよう心電図の基礎
著書クリニカルエンジニアリング7 月号vol.27 No.7 2016/学研メディカル秀潤社
「時間外診療への対応の現状と今後の課題」②循環器疾患専門病院での対応