TOP >  各部署のご案内 >  放射線室

放射線室

常に被ばくの最適化を考え
検査を実施します

患者さんへ

放射線と言えば漠然として「怖い」「恐ろしい」と感じる方が多いと思いますが、より少ない被ばくで最適な画像を提供出るように日々技術と知識の向上を目指し努力しています。

また、安心して検査を受けていただけるよう、日頃から親切で丁寧な対応を心がけています。

CT AquilionONE Nature
2カテ アンギオ Alphenix

主な業務

診療放射線技師9名と事務職員1名の10名で業務を行っています。 放射線室が扱う検査機器はX線を使用するレントゲン装置・CT装置・カテーテル装置や、磁気と電波を使用するMRI装置があります。 その他にもCTなどの画像から3D画像を作成する3Dワークステーションを使い、3D画像の作成や計測を行い治療のサポートを行なっています。

これらの装置を使い、診断・治療のための画像を提供することや、機器の保守管理、患者さんと職員の被ばくを管理することが我々の役割です。

認定資格保有者

日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師:3名
一般社団法人日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師認定機構
X線CT認定技師:3名
特定非営利活動法人日本X線CT専門技師認定機構
検診マンモグラフィ撮影診療放射線技師:1名
特定非営利活動法人日本乳がん検診精度管理中央機構

学会発表など

種類区分名称
2018学会発表一般演題JET2018(Japan Endovascular Treatment Conference)
膝窩動脈穿刺後の体位変換を通して⾒えた私のカテ室の「チームの⼒」
学会発表シンポジウム第27回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2018)
膝窩動脈穿刺後の体位変換⽅法の確⽴と改善 〜チームでの協議 と ムービーでの共有〜
2017学会発表一般演題Co-medical Circulation Conference
基礎講演(心臓の解剖)
2016学会発表一般演題第25回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2016)
冠動脈CTAにおける診療放射線技師による速報配信の試み
学会発表一般演題関西IVR撮影技術研究 第115回定例会
放射線技師からのケーススタディおよびテクニカルレポート2 PCI編