TOP >  診療科目 >  形成外科 >  レーザー・PPX脱毛

レーザー・PPX脱毛

 現在当院で使用しているダイオードレーザーとPPX(AIP)は、FDA(米国食品医薬品局:日本の厚生労働省に相当する)にてその脱毛効果と安全性が承認されている脱毛機器です。

レーザー脱毛

レーザー脱毛

 当院使用のレーザー脱毛機器は、メラニン色素に熱を与えて反応させるレーザーを使用するので、肌を傷つけず、メラニン色素を持つ毛根に吸収され毛包に作用します。 皮膚表面に出ている部分の毛を脱毛するのではなく、内部から脱毛することが可能なので、毛を伸ばす必要もなく、毛1本1本を脱毛するわけではないので時間も短時間です。

◎特徴

太い毛に効果的

◎施術時間

部位によって異なります。(例:両腋 30分)

◎施術方法

    1. 脱毛部分を剃毛します。
    2. ジェルを塗り、レーザーを照射します(レーザーの光が目に入らないようゴーグルをして頂きます)。ゴムではじかれた程度の痛みがありますが、出力は調節可能ですのでご安心下さい。
    3. 照射後、照射部を冷やしていきます。
    4. 冷却後、軟膏を塗り終了します。

PPX脱毛

PPX脱毛

 ハンドピースをお肌にあてると、皮膚がやさしく吸引されます。吸引によって皮膚が伸ばされ、肌色が白くなります。さらに皮膚がリフトアップし光からの距離が短くなった状態で、マイルドな光を照射すると、毛に効率よく光が吸収されていきます。お肌にやさしく、痛みもほとんど感じることなく、スピーディーかつ安全に無駄毛を処理することができます。また、脱毛効果に加え、毛穴が引き締まりお肌のきめが細かくなるという効果もあります。

◎特徴

産毛や細い毛に効果的

◎施術時間

部位によって異なります。(例:両前腕 30分)

◎施術方法

    1. 脱毛部分を剃毛します。
    2. 冷たい水をスプレーし、光を照射します(光が目に入らないようゴーグルをして頂きます)。皮膚を吸引する時に痛みを感じる場合がありますが、吸引力は調節可能ですのでご安心下さい。
    3. 照射後、照射部を冷やしていきます。
    4. 冷却後、軟膏を塗り終了します。

※注意点※

    • 日焼け直後、色素沈着がある場合はおさけ下さい。
    • レーザー脱毛予定部の脱毛(毛を抜く、ワックス等)、脱色は 約1ヶ月前より中止して下さい。
    • 毛を伸ばす必要はありませんが、できるだけ剃らずにお越し下さい。(毛の太さ・量等を確認させて頂きたい為)
    • 毛には”生える・伸びる・抜ける”というサイクルがあり、今生えている毛を脱毛できても休止期の毛がまた生えてきます。個人差はありますが、3~5回の照射で効果を実感できるようです。 また日焼けしたお肌はメラニン色素を多く含んでいるので、ヤケドの可能性がありますので、脱毛を受ける約1ヶ月前からは日焼けを避けて下さい。

↑ページのトップへ